病気を予防するにんにくすっぽん卵黄

全く同じ食事や睡眠時間にも関わらず病気になりやすい人、そうでない人がいます。
ライフサイクルが似ているにも関わらず、なぜ違いがでるのでしょうか。
それは免疫力に原因があります。

免疫力が低いと慢性的に疲れやすく、病気にかかりやすくなってしまいます。
免疫力を高めるものとしておすすめなのが「にんにく」と「すっぽん」です。
古来より、にんにくは病気の治療のために使用されてきました。
その効果を賞して、天然の抗菌薬と言われているほどです。

にんにくは摂取することによりアリシンという栄養に変わり様々な菌を殺菌します。これはアリイン・アミノ酸誘導体を含んでいる為です。
また、にんにくは粥状動脈硬化によって傷ついた動脈の修復を助けるなど、優秀な抗菌薬です。
また、にんにくには慢性的な疲労を回復する作用もあります。

免疫力を高める食材として持ってこいですね。
もうひとつ注目したいのが「すっぽん」。
すっぽんには血色素の含有量を増やし免疫力を高める作用があります。
また、すっぽんにはEPAとPHA(カルビン類)と呼ばれる成分が含まれており、そのうちEPAは病気予防に効果があります。

このように免疫力を高めるものとして有効な「にんにく」と「すっぽん」ですが、毎日の食事に取り入れることは難しいでしょう。
にんにくは匂いなどが問題になり、すっぽんは高級食材のひとつであるためそれなりの費用が掛かってしまいます。
また、すっぽんの調理にはプロの技が必要になるため、素人では調理が難しいのが現実です。

そこでおすすめしたいのが、サプリメントです。
サプリメントであれば、毎日手頃に摂取することができます。
また、最近では病気を予防する作用(免疫力を高める作用)をもつ「にんにく」「すっぽん」の2つを合わせたサプリメントも販売されています。
まる漢製薬の「にんにくすっぽん卵黄」などが有名のようです。
調べてみると、こちらの製薬会社ではこのにんにくすっぽん卵黄のサンプル品も販売しているようです。
まずはにんにくすっぽん卵黄のサンプル品から試してみるのも良いかもしれませんね。